小屋の本 霧のまち亀岡からみる風景 (送料込)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

小屋の本 霧のまち亀岡からみる風景 (送料込)

¥2,160 税込

送料についてはこちら

京都府中西部に位置する亀岡は晩秋から早春にかけて深い霧が発生する。 そんな霧のまち亀岡の風景を象徴する「農機具小屋」をリサーチした本が完成。 立地、構造、素材の経年劣化、工夫、生活感、、小屋にはそれぞれの表情と営みがあります。 地元・アート・建築・コミュニティの目線を持ったリサーチチームで巡った300以上の小屋の中から見応えのあるものを厳選し、著者それぞれの視点で小屋の魅力を紹介します。 ※開いて立てると一寸勾配の切妻型の小屋になります。 発行日:2020年6月8日 仕様:四六判 128ページ 著者:辰巳雄基        ヤマサキエイスケ        安川雄基・冨吉美穂(合同会社アトリエカフエ) 編集・写真:辰巳雄基 発行所:一般社団法人 きりぶえ デザイン:宗幸(UMMM) 協力:かめおか霧の芸術祭実行委員会 ※スマートレター送料 ¥180 込みです。 ※2冊購入の場合はレターパックライトにてお送りします。